問題が起きることは、けっしてネガティブなことではない

こんばんは、TBH支配人でございます。

おかげさまで、大変ご好評頂けております、TBHの各セッションコース。

TBH セッションメニューはこちらから

9月からは、二人のワークショップも開催されます。

ワークショップのいいところは、学ぶ仲間ができることではないでしょうか?

中々、自分以外の人の価値観に触れることって少ないと思うのです。

でもこういうワークショップでは、自分以外の仲間とも出会える。

学びの場なので、色々な考え方、視点に出会えることもワークショップの魅力ではないでしょうか。

是非、お申込みお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・

 

◼︎問題がおきることは、決してネガティブなことではない

 

 

仕事などや、恋愛、人間関係などで何かしらの問題が起きることはよくあること。

皆様は、”問題が起きること”に対して、どんな風に考えたりしますか?

あー面倒だな・・・

この先もっと問題が大きくなってきたらどうしよう・・・

 

などでしょうか?

 

でもこのように考えることもできませんか?

 

”問題がなぜ起きるか?って解決できる人にしか問題も起きない”

 

はい、なぜアナタの目の前に問題がやってくるか?って

アナタだったら、その問題と向き合い、解決できる人だからですよ。

本当に問題がクリアにできない人の目の前には、問題事自体、やってきません。

 

今、アナタが何かしら、問題を抱えてるとしたら、それはプロセスの途中なだけです。

山登りで例えるなら、まだてっぺんまで到着してないだけですね^^

あ、そうそう、トモミルキーさんや蓮水さんは、人の問題と向き合うお仕事ですが、そういえば、二人がこんな事を言っておりましたよ。

 

”私たちの仕事って問題と向き合う仕事であり、変な話、解決能力が乏しい人の所には、こういう仕事の依頼はやってこないよね。ちゃんと、解決できる人の所に仕事の依頼も入ってくるもんだと思う”

この話を支配人が聞いた時、なるほどな〜って思ったものです。

 

そして、続けてこうも言ってました。

 

”自分が過去に悩んでいる問題を抱えたお客様が結構くるものだなって感じるんだよね。ということは、やはり問題を抱えている時というのは苦しいんだけど、そういうプロセスの経験をしているからこそ、そういう人々を引き寄せてるんだろうなって感じるの”

とおっしゃってました。

 

なんかわかる気がしませんか?

 

”問題は解決できる人のところにしか、やってこない”

 

皆様も、今もしかしたら、自分の中でいろんな大変な想いや経験、問題を抱えていると落ち込んでいる人もいるかもしれませんが。

 

問題が今あるからといって決してネガティブに考えすぎないことですね。

 

だって、

 

問題が解決できる人のところにしか、

問題はやってこないのだから。

 

こういう視点で、自分を見つめなおしてみるのも、何かいい発見があるかもしれませんね。

 

それでは、また。

 

おやすみなさい。