雇用形態がそんなにも気になるのはナゼ?

こんばんワニ🐊

 

あたらしい働き方アートディレクターのトモミルキーです。

(▼最近新しいプロフィールに変えました。ウィキペディアならぬミルペディアだよ🐄)

About・わたしたちについて

今日の仕事のBGMは新参者の赤い指を流して渋い気持ち〜♬

明日は・・・、さらば!新参者よ・・・。観てきます(T ^ T)

 

宣伝デス。ばばばばん!

ザ・ベースメントホテルに新しい講座が仲間入りしました。

 

あたらしい働き方講座「仕事デザインレッスン」

 

たった3ヶ月で「自分らしさ」を使えるようになり、あたらしい働き方にチェンジできる! やりたいことを仕事にする秘訣が分かる仕事創造プログラムです。「どんな講座なの??」と興味があるあなた、2月1日(木曜日)から無料カウンセリングがスタート!するので、お話だけでも聞きにきてください。そして、仕事の悩みをトモミルキーに聞かせてくださいねっ。公開3日目で、9名様のご予約があり!ありがとうございます。

無料カウンセリングご予約

 

 

 

就職活動や転職活動で仕事を見つけるときに、正社員になったほうがいいのか? 派遣社員になったほうがいいのか? アルバイトになったほうがいいのか? 雇用形態のお悩みを聞きます。

 

ぶっちゃけ、どの雇用形態でもいいんじゃないかと思うわけです。適当にお話しているわけではなくて、正社員でも、派遣社員でも、アルバイトでも、会社に入ってしまえば、仕事をするわけで、働くわけです。

 

会社に入る目的ってなんでしょうね?

 

自分の人生を捧げるため?

 

うひゃー。

 

わたしは、人に雇われて働くのが向いていないので、会社にじぶんの人生を捧げるなんて無理ですね。

 

会社とは「じぶんらしい」仕事をつくるための部品を集める場所です。

 

営業として入った会社で結果がでなかったけども、営業で使う資料作り、デザインをするのが好きだっていうのがわかっちゃった、とかね。スンバラシイ!仕事をつくるための部品ゲットだね。

 

雇用形態で迷うよりも、働く場所でどんな部品が集まるか? を考えて、仕事場を選んだほうがいいです。なんてことないなと思って働き始めた場所で、自分が思った以上に部品の収穫を得られる場合もあります。

 

会社という場所に入ってしまったからといって、自分の仕事が決まってしまうわけではないです。人生が決まるわけでもないです。あくまで、「じぶんらしい」仕事をつくるための、通過点だと考えてみてください。

 

どんな雇用形態でもいいんだよ。働く場所で、どんな部品を集めるか?を意識しよう。

 

 

「自分らしさ」を最大限発揮して仕事を楽しみたいあなたへ

無料カウンセリング予約申し込み受付中!(定員30名様・残席21名になりました

あたらしい働き方講座「仕事デザインレッスン」