老後のお金や暮らしが心配で今の仕事がやめられない

「日曜日には仕事をしない。お休みだと決めている日には仕事をしないんだ」と決めていたとしても、いつの間にかパソコンに向かっていたり、作業をしたり・・・、もやもやーん・・・。

 

来週は、もっと、もっと「休むのを意識するぞー」っと。

 

休みと決めている日だからか、まったく集中力がなく、頭がもやもやーんしていました。身体からのサインも受け取り忘れないようにですね。

 

▼仕事デザインレッスン無料仕事カウンセリング残席2名様になりました

 

あたらしい働き方講座「仕事デザインレッスン」

 

こんばんワニ🐊

 

あたらしい働き方アートディレクターのトモミルキーです。

 

働き方は生き方だよと、みなさんに伝えています。

 

その反対もしかり、生き方が働き方になっていく。

 

生き方、普段のプライベートをバランスよく満足できるように暮らすと、働き方にも満足できるようになるんです。

 

トモミルキーは「ていねいな暮らし」を心がけています。

 

仕事の時間を充実して過ごすためには、仕事をしていない時間をていねいに暮らしていく必要があります。ていねいな暮らしがあるから、仕事がある。自分自身が仕事になるような感覚・・・。朝起きてから、夜寝るまで、ていねいに、自分にやさしくです。

 

 

老後のお金や暮らしが心配で今の仕事がやめられない

 

 

今の職場が合っていないとわかっていて、嫌な気持ちを感じているのに辞められない。理由のひとつとして「老後のお金の心配」のお悩みをよく聞きます。

 

老後のお金、暮らしが心配だから、今の仕事を辞められないという悩みを聞くたびに「どうしてそんなに何十年も先の話を考えられるんだろう?」とトモミルキーは不思議な気持ちになりますね。

 

今やっている仕事には楽しさはなく、スキルアップも望めない、お給料も上がりそうにない、人間関係も良くも悪くもなく、与えられている仕事をしているだけ・・・。満足感とは程遠い感覚、虚しさやため息の毎日。

 

老後の何十年といった先の現実よりも、今、目の前にある「素直に感じている現実」と向き合う方が先です。ぶっちゃけ、老後のことなんて、今は考えないでいいよ。

 

今ある毎日、1日が満足できてないのに、老後が満足できているかなんて、だいたい想像がつくじゃないですか? 痩せたいと思っているけど、現実は運動せず、食べ物もひっちゃかめっちゃかで、生活リズムも狂っているとなると、思っていることと、実際の行動は真逆です。痩せられないのは当たり前ですよね。

 

過去の積み重ねが、今の自分になっていて、今からの積み重ねが、未来の自分になる。とてもシンプルな方程式です。今を変えないと、未来は変わらないよ。

 

 

老後のお金や暮らしを心配して今の仕事にしがみつくのをやめて、今の自分の仕事を変化させる、自分で自分の仕事を創っていこうよ。

 

将来が不安なのは「じぶんの力」を発揮して仕事ができていないからです。「おーい!わたしの力を使ってくれよー!どうして見てくれないの?もっと仕事を楽しみたいんだよー!」とあなたの心の声が叫んでいるんだよ。

 

「このままだったら・・・、わたしは・・・、何もできない・・・、今のうちにお金を貯めるだけためて、何かあったときに・・・。今の職場にいられる今のうちに・・・、そして、嫌な仕事だけど定年まで働けたら、それは、それで老後は安定・・・」って考えているあなたへ。

 

老後は安定っていうけどさ、じゃあね、老後まで仕事の時間を我慢の時間として過ごすというのかい? えー!!! ながーっ!!! 老後まで楽しみをとっておくなんて、逆に、すごいねぇ。(トモミルキーは、今日、すぐ楽しみたいから、老後の安定は考えてないし、頭の中になーい!)

 

自分には仕事を創っていける力があるんだ!と気づけたら、自信が持てるし、何年先だって、自分の力が減っていくことなんてないし無限大なんだから、お金や暮らしの心配を必要以上するのは時間の無駄なんです。

 

何十年も先のよくわからない老後よりも、今、自分で自分の仕事を創り出して、毎日を楽しもうよ。あなたの中には仕事を創り出す力があるよ!

 

あと、3日で無料仕事カウンセリングの申し込み受付が終了します。残席は、わずか2名様になりました。

 

自分の力を信じてみたい、自分で仕事を創ってみたい!と興味を持ったあなたのお申し込みを、トモミルキーが心よりお待ちしています。

 

無料仕事カウンセリングは、あたらしい働き方講座「仕事デザインレッスン」のページからお申し込みできます。

 

▼無料仕事カウンセリング(残席2名様)

 

仕事の悩みを相談する

 

あたらしい働き方講座「仕事デザインレッスン」