あなたが食べたものは、あなたのマインド(思考・意識・心)になるよ。

こんばんワニ🐊

 

あたらしい働き方アートディレクターのトモミルキーです。

 

今日は何を食べましたか?

 

わたしは朝は白湯(やかんで沸かしたお湯)をマグカップに2杯と豆乳に甘酒を混ぜた飲み物を1杯、お昼はアボガドバナナケールのグリーンスムージーとアボカドグリーンサラダ、夜は玄米を茶碗に少なめ半分くらいと芽キャベツとアンチョビの炒め物とマッシュルームとチキンのトマト豆乳煮込みと梅干し一粒とカクテキを3かけらいただきました。

 

すべて、自然栽培などで育てられた、基本ナチュラルなたべものですが、お肉やお魚、卵、乳製品も過敏になりすぎない範囲で、たいせつに育てられた動物を選んで食べるように心がけています。

 

ナチュラル生活に目覚めたのは、7年前くらい?でしょうか。(7年前に激変したんですよね、いろいろと。天王星 × 牡羊座 はんぱねーな。という実感がじわじわ・・・。もうすぐ、7年の時を経て、天王星 × 牡牛座だ〜)

 

食べ物は、NO添加物、白い砂糖、お肉、お魚、卵、乳製品を断ち、白湯とナチュラルフードを基本に食事をして、暮らしの中には、ごま油うがい(または、目薬)、冷えとり靴下、足裏やふくらはぎもみ、ナチュラルなシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、歯磨き粉、洗濯洗剤・・・etc、を取り入れてました。

 

朝は30分間の半身浴に、20分間の呼吸とお祈りとアファメーション、夜は20分間の呼吸とお祈りとアファメーションをして、1日を終わるという生活で、7年前、完全に情報断捨離するため、大好きだったSNS、インスタグラムやツイッターもフェイスブックもやめました。テレビも見ない。本を読んだり、時には、静かな場所で般若心経を写経をしたり、自分が何を思っているのかを、ノートに日々書き記していました。

 

夜は、心がざわざわすると、月を見上げて話しかけたり、木に抱きついたり、植物に話しかけたりして、力をもらっていました(普通に危ない人だと思われるかもしれませんけどね・・・)。

どうしてこんな生活をしていたのかって?

わたしはわたしと向き合うために、助けるために、幸せにするために、ナチュラルな暮らしを選択していましたし、今もまた磨きをかけながら再開しています(ここ3年サボっていました)。

 

 

恋愛も仕事も人間関係も・・・、全てがズタボロにうまくいかなくなった時、ほんとうのひとりぼっちになりました。昼間になっても、ずーっと夜の時間を過ごしているような暗い感覚が続き、恐ろしい時期を経験しました。

 

自分の中に何か小さな力があるのを無意識で感じてはいるのだけど、イマイチ信じられなくて、それが、悔しくて悔しくて、自分を信じてあげられない自分を責めました。どうせわたしなんてさ・・・、なにもできるわけない。これからもずっと変わらずわたしはこのままなのかな・・・? なにやってんだ?と寂しい気持ちで一杯でした。

 

誰かに助けてほしい、救ってほしいという「他力」な考えがわたしを支配していたので、どんどん、じぶんの力が小さくなって悲しそうな顔をしながら、心の奥に隠れていったんだと、今、振り返ると思いますね。

 

他人の力に頼り切って「他力」で生きていたわたしには、何もなくなってしまって、これ以上どん底に落ちるとしたら、地獄だな・・・と布団の中で思うようになったとき、どうせ地獄に落ちるんだったら、なんでもやってやろうかな、自分を使ってやろうかな、寝ている自分を起こしてみたいな、怒りにも似た気持ちが湧き上がってきました。

 

自分の力で生きる!呼び起こす!と心の底からの叫びを受け取ったんですね。

 

自分と向き合うために最初に始めたのが生活の改善、わたしは「ていねいな暮らし」と呼んでいます。ひとつ、ひとつの習慣から意識して変えていこうと決断しました。

 

生活を変えようと思ったときに、わたしは引越しをしてシェアハウスに住み始めました。男女合わせて10人くらいが大きな一軒家で生活をするという、生まれて初めての体験でしたが、同じ部屋になった友達がナチュラルフードコーディネーター(Yuki・このあと予告でちょっとだけご紹介あります)さんで、わたしに大きな影響を与えてくれたのです。

 

食べ物がじぶんの意識をつくっている。

 

今まで、何も考えないで食べていた食べ物が、わたしの考え方、生き方に影響を与えている!?

 

ご飯をたべる、当たり前すぎて、雑になっていましたし、食べたいものを食べたいだけ、お腹が空いているのか、いないのか、美味しいのかどうなのか? 匂いも刺激もそっちのけで、考えないでバクバク食べまくっていました。(今考えると・・・、恐ろしい・・・)

 

食べたものが自分を作っている。

 

そりゃそうだ。

 

どうして、今まで気づかなかったんだろう。

 

一番身近で、毎日している習慣なのに・・・。

 

食べ物から「ていねいな暮らし」を始めた今は、衣食住、すべてにおいて心地いいか悪いのか? 感覚にしたがい、意識をしながら生活をするようになりました。

 

今日も、どれもこれも、よーく噛んでもぐもぐもぐ・・・。

久しぶりに夜ご飯をたべましたが、最近は仕事がある日はほとんど食べないようにしています。

 

理由はね、ダイエットをしているわけじゃなくて、じぶんの感覚のピッチを真ん中に調整するためです(少なめに食べているから、自然に体重は減っていますけど)。

 

少なめの食事で過ごすと頭が冴えて、ぼーっとする時間が少なくなります。感覚が研ぎ澄まされていくので(見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れるの5感がビンビン!)、感情が動きやすくなるし、アイデアの結合(くっついたり、離れたり、視点の変え方)のクオリティーも上がっているのを体感しています。

 

口からあーんと食べたものは、ストレートにじぶんの心や意識、思考力、集中力に響いてきます。

 

あなたが食べたものは、あなたのマインド(思考・意識・心)になるよ。

 

じぶんと向き合うために大切にするために変えていくために、ご飯の時間を心地の良い時間に変えてみよう。

 

 

⭐告知です⭐
4月から「5感からセンスを磨くワークショップ(コラボレーションイベント)」が始まります。ナチュラルな食べ物の話にも、がっつりと触れていきますので、ぜひ!興味を持った方はご参加お待ちしています。

 

講師:トモミルキー(The Basement Hotel)映像アーティスト
講師:Yuki(smalleat)ナチュラルフードコーディネーター

 

【5感からセンスを磨くワークショップ(コラボレーションイベント)】
開催日:2018年4月21日(土)
申し込み受付開始:2018年3月17日(土)
申し込み受付締切:2018年4月14日(土)
時間:13:00 – 17:00
参加費:25,000円
定員:6名様(少人数制)
場所:The Basement Hotel 広尾サロン

 

先行予約申し込み受付はこちらのメールから:concierge@thebasementhotel.jp
お名前、おふりがな、メールアドレス、お支払い方法(銀行振込・クレジットカード決済)をお書き添えの上、メールをお送りください。ご質問も受け付けています。