【蓮水の恋愛コラム】男の”好き”の本当の真実

恋愛講座やご相談で、この7年間は毎日

女性の恋愛の悩みを聞いてアドバイスしてきた。

 

多種多様なお悩みあるけれど、

 

今日は、

 

”男の好きの本当の意味”を語っていくね^^

 

・・・・・・・・・・

 

【蓮水の恋愛コラム】

男の”好き”の本当の真実

 

 

これを書こうと思ったのは

蓮水のお客様の質問がきっかけ。

 

 

「最近、気になる男性ができました。言葉では

”好き”といってくれるのに、中々誘っても

色々な理由を言われ会えないのです。

何ででしょうか?」

 

 

 

こういう悩みや、う〜ん・・・って考えこむ

女性も多いのではなかしら?

 

 

 

蓮水の講座では、恋愛テクのみではなく、

 

男と女の様々な違いを具体的に

学んでもらってる。

 

なぜか?って、

 

恋愛をする上で、男と女の違いを

知って理解することは必須だから。

 

恋愛だけじゃないけど、

 

”知らない”って本当損だよねって

思うの。

 

この質問もはっきり言ってしまえば、

 

”男と女の考え方の違いの差”が出てることが

伺える話。

 

女の”好き”の認識と感覚

男の”好き”の認識と感覚

 

全然違うよってこと。

 

 

あと、この”好き”という言葉。

 

そもそも、この言葉のニュアンス自体が、

 

超!!曖昧な言葉であるってこと

単純に知っておかないといけないと

思うの。

 

人によって、”好き”という言葉のニュアンスや

感覚・重さは、本当に様々。

 

そして、女性が男に対して使う”好き”の感覚のまま、

そっくり当てはめて、男性の”好き”を

受け取ってもなんの参考にもならないというのが

 

真実なんだよね。

 

女性の”好き”の使い方も

広いとは思うの。

 

でも、男性はその何倍も広い(笑)

 

女性の頭や感覚で予想するもの以上に

広大で壮大だと思っておいたほうがいい(笑)

 

 

この、”好き”の真実を知らない、もしくは

受け止めないから、

 

女性は痛いめに合うの。

 

例えば、

女性の”好き”の段階が、

 

「軽い好感がある」「恋愛対象として好意がある」「愛してるレベル」

 

ざっくりこのくらいの段階があるとするならば、

 

男性の”好き”の段階は10段階以上はあるのです。

 

そして、もう一つ女性の感覚では想像しづらいのが、

 

”性欲が絡む興味”です。

 

ここは、はっきり

もう1度お伝えするけど、

 

男性の性欲は、恋愛とは別です。

 

全く、別か?というと、

 

絡む場合もある、その程度。

 

恋愛感情がなかったとしても

性欲が発動することは沢山あるのが男の性分。

 

でも、例外もあるけど、

 

女性は基本、相手に好意が芽生えてからの

性欲なので、男性と違うの。

 

たまにこの話をすると、

 

”私は女性だけど、性欲のみで割り切れる”とか、

”いつも男性との恋愛は体から”

 

こんな話をする女性もいるけど。

 

これを基本にしてる時点で、ズレルだけ。

 

 

大体が、話を聞くと、

”思い込んでるだけ”の場合が

ほとんど。

 

この通りの女性のが稀です。

 

 

基本は男性と女性は真逆。

 

女の私たちからすると、

中々理解できない部分かも

しれない。

 

だけど、男って、

 

恋愛レベルでは興味ないけど、

”性の対象”としては興味あるというのは

よくあることなんだよねー。

 

 

男の”好き”という感情には、

 

この2種類で成り立ってると

思ったほうがいい。

 

 

そして、

男性は口では”好き”と発してるけど、

 

本当はよくわかってない期間というのが

あるの・・・。

 

でも口では、”好き”って言って

無意識に自分で感情を盛り上げてるという

感情もある。

 

なので、

 

男の”好き”をそのまま受け取るのは

初期段階では・・・・

 

まず、落ち着けや!と蓮水はいっとく(笑)

 

信じるな、という話ではない。

 

ただ、男と女の”好き”には、

 

圧倒的な違いがあるよって話。

 

 

わかった?❤